「村上被告は信用できるのか?」村上ファンド事件証人・岡本 文人被告への検察側主尋問

「村上被告は信用できるのか?」村上ファンド事件証人・岡本 文人被告への検察側主尋問

ニッポン放送の買収

  • 平成 17 (2005) 年 2 月 8 日に、ライブドアは「ライブドア・パートナーズとの合計でニッポン放送株を約 35 % 取得した」と公表した
  • 平成 15 (2003) 年 12 月から平成 18 (2006) 年 1 月まで、証人はライブドア取締役だった
  • ニッポン放送の案件を知ったのは、平成 16 (2004) 年 12 月上旬
    • 宮内 亮治被告(ライブドア元取締役)から、「ニッポン放送の経営権を掌握する」とライブドア社内の立ち話で聞いた
  • 12 月中旬に、「ニッポン放送どうなっている?」と聞くと、宮内被告は「中村 長也被告(ライブドアファイナンス前社長)が、外銀から 500 億円くらいの資金調達を進めている」と答えた
  • 12 月下旬に、「熊谷 史人被告(ライブドア元代表取締役)が、外資系証券会社からエクイティ(株式)による資金調達をしようとしている」と宮内被告から聞いた
    • 熊谷被告とも話したところ、「行けそうだ」と興奮気味だった
    • 堀江 貴文被告(ライブドア前社長)と直接話した訳ではないが、了承しているのだろう、と思った
      • 時価総額が大きい案件だし、宮内被告が動いていたから
  • 堀江被告・宮内被告・熊谷被告が動いていたのは、ライブドアが真剣に進めていたから
    • 堀江被告・宮内被告・中村被告が動いていたのも同様

ライブドアの取締役会

  • 9 月から平成 17 (2005) 年 2 月までの取締役会の構成は、以下の 3 つの状態があった
    1. 平成 16 (2004) 年 10 月 24 日までは、堀江被告・宮内被告・証人・山崎 徳之氏(ライブドア前代表取締役)
      • 宮内被告は、M & A 部門を統括していた
      • 証人はライブドアマーケティング代表取締役が主業務で、ライブドアでは社外取締役のような感じだった
      • 山崎氏は月の 2/3 はアメリカにおり、証人以上に社外取締役的だった
      • 堀江被告と宮内被告が賛同していれば経営判断は合理的で、ライブドアやライブドアマーケティングの倒産リスクはなかった
    2. 10 月 25 日から 12 月 25 日までは、堀江被告・証人・山崎氏
      • イーバンク銀行の責任を取って、宮内被告が取締役を辞任した
      • 取締役会で 1 票を入れる権利は失ったものの、宮内被告の立場に変化はなかった
      • 山崎氏に変化なし
      • 証人は、堀江被告と宮内被告の経営判断を信頼していた
    3. 12 月 26 日からは、堀江被告・宮内被告・証人・山崎氏・熊谷被告
      • 山崎氏に変化なし
      • 証人は、堀江被告と宮内被告の経営判断を信頼していた
      • 熊谷被告も、堀江被告と宮内被告が賛同していれば信頼していた
  • 平成 15 (2003) 年 12 月に証人がライブドア取締役に就任してから、平成 17 (2005) 年 2 月にライブドアがニッポン放送株を大量取得するまで、取締役会で証人と山崎氏が M & A に関して反対したことはない
    • 質問をしても合理的回答が得られたので、最終的には賛成した
    • 取締役会の最終意思決定者は、堀江被告
      • 平成 16 (2004) 年 3 月にバリュークリックジャパン(現・ライブドアマーケティング)を TOB したときも、堀江被告は M & A や TOB についてよく勉強していた
    • 取締役会決議は、M & A の契約日に形式上承認していた
      • 平成 17 (2005) 年 2 月 8 日に、ニッポン放送株を大量取得したときも同様
      • 500 億円規模の資金調達は、堀江被告と宮内被告の判断でできる
    • ライブドアの M & A は、ライブドアファイナンスの M & A が多い
  • 1 月 6 日夜に、取締役全員へメールが送信された
    • 1 月 11 日の取締役会の議案が添付されており、ニッポン放送株の取得も含まれていた
      1. 「4.9 % 以下を 3 月 15 日までに取得」
      2. 「5 〜 10 % を 3 月 16 日以降に 6990 円以下で取得」
  • 1 月 11 日に、取締役会が開かれた
    • 議長の堀江被告が、議案を読上げた
      • 堀江被告は、「ニッポン放送株の過半数を取得して経営権を取り、フジテレビを獲得する。資金調達できれば、大量保有報告書の提出義務がない 5 % 未満を購入する」と述べた
      • 村上ファンドとの合計で過半数なので、ライブドアが購入するのは 30 % 強
    • 堀江被告か熊谷被告が、「村上ファンドは、議決権の行使と株主の紹介をする」と言った
    • TOB を視野に入れていたか定かではない
    • ニッポン放送を買収することはライブドアにとって良いことだが、実現可能性は分からなかった
    • 宮内被告が「過半数を取得できなかったらどうする?」と聞くと、熊谷被告が「売却しても元は取れるから大丈夫」と答えた
      • 宮内被告が消極的、とは思わなかった
    • 堀江被告か熊谷被告が、「株価 7000 円までは購入してよい」と言った
  • 2 月 2 日に開かれた取締役会で、証人は以下の 3 点を確認した
    1. ニッポン放送の経営権を掌握できた場合、証人がニッポン放送に行くのか?
      • 最初は「行ってほしい」と言われたが、行かなくてもいいことになった
    2. ニッポン放送株の過半数を購入できるのか?
      • 株主状況を説明された
    3. 村上 世彰被告(M & A コンサルティング前代表)は信用できるのか?
      • 証人は面識がなかったから
      • 堀江被告が、「絶対大丈夫」と答えた
    • 堀江被告は、ニッポン放送を支配した後、フジテレビの経営権を掌握するつもりでいた
    • 証人は、議案に賛成した
      • ニッポン放送の経営権を取れれば、連結売上利益が上がる
      • フジテレビと提携できれば、WEB 周辺業務でライブドアにメリットが得られる
      • 徐々に、ネットとメディアを融合できればよい